抑毛と脱毛の違い

みなさん、お元気ですか?ハルカです。先日は、ケノンという家庭用脱毛器を紹介しましたが、価格が高いので、予算的に無理があるという人もいると思います。ムダ毛処理に数万円をかけられないという人がいても無理はないと思います。そこで、今日は比較的、安価に始められるムダ毛対策として、抑毛について解説してみたいと思います。抑毛は脱毛とは違って、毛を生やしたまま薄くしていくというムダ毛ケアの概念です。そのため、抑える毛と書いて、抑毛と表現しています。具体的には、抑毛剤や抑毛ローションといったコスメを肌に塗ります。そうすると、抑毛効果がある成分が毛穴に浸透していくのです。抑毛効果のある成分というのは、イソフラボンなどがあります。イソフラボンはポリフェノールの一種で、大豆などの豆類に多く含まれています。イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似たような作用があるので、毛を薄くする効果があるといわれています。そのため、抑毛剤や抑毛ローションにはイソフラボンが配合されているのです。成分を毛穴に浸透させることで、時間はかかりますが、毛が薄くなる効果が確認されています。抑毛ローションは2,000円から5,000円くらいで購入可能です。商品としては、パイナップル豆乳ローションやコントロールジェルMEなどがあります。抑毛ローションは低予算から始められるムダ毛対策として人気があります。次回の記事では、具体的な商品について書いてみたいと思います。余談ですが、イソフラボンといえば、ネイチャーメイドなどのメーカーから、大豆イソフラボンのサプリメントが販売されています。大豆イソフラボンのサプリメントを飲んで、ムダ毛が薄くなるかどうかは確かではありません。試してみるのもいいかもしれないですね。